スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GBN黒星スタート…決勝T進出は崖っぷち!?(2014/4/19)

【4/19 GBN予選リーグ vsTSUKEN 1-3●:通研グランド】
【4/19 OP戦 vs玉ノ井ダリーズ 3-6●:錦糸公園野球場】

ドームへの道は早くも危うい?
19日、FARAWAYSは「目指せ東京ドーム!」を目標に掲げているGBNの開幕戦・TSUKENとの試合を行った。

武蔵野市1部優勝の常連チームとの対戦は、3回・1死1塁から2番・山岸が左中間を破る長打を放ち待望の先制点!と思われたが、グランドルールにより2ベースとなり、その後のチャンスも活かせず無得点。

するとその裏、先発・勝田が先頭打者にヒットを浴びると無死2・3塁のピンチを招き、そこからの連続内野ゴロの間に2点を先制される。

すぐにでも追いつきたい風船会は4回、勝田のヒット等で無死1・3塁のチャンスをつくると8番・佐々木の叩きつけた打球が敵失気味の内野安打で1点を返す。さらに無死1・2塁のチャンスも9番・本村がランナーを進められず、1・2番も倒れ追い付けず…。

5回にも手痛いタイムリーエラーでさらに1点を奪われると、打線は幾度もチャンスをつくるが活かすことができず1-3でゲームセット。

1敗が予選通過に大きく響くGBNの予選で開幕黒星という痛恨のスタート。
目標の「ドーム進出」・予選通過のためにはもう残りの試合は絶対に負けられなくなった。


勝田「相手の打線は凄かった。ボール球でも関係なく外野に運ばれた。」
北本「2失点目が不用意過ぎた…エンドランは頭にあったが簡単に決められてしまった。」
スポンサーサイト

衝撃の復活!伊藤満塁弾!!(2014/4/12)

【4/12 SCL交流戦 vsレッドスピリッツ 6-5○:潮見野球場】
【4/12 OP戦 vsサムレッツ 7-5○:錦糸公園野球場】

12日、風船会は翌週から続く公式戦の連戦を見据えOP戦のダブルヘッダーを行った。

1試合目のレッドスピリッツ戦(今季3試合目)、2試合目のサムレッツ戦(今季2試合目)ともに投手陣が5失点するも打線がうまく機能し2試合共に勝利を収めた。

この日の主役は2試合目に約1年ぶりの出場をし満塁HRを打った伊藤。

昨年はわずか1試合の出場のみと、ほぼフルシーズンを欠場したが、今年・4月から本格復帰のメドが立ち、今年はこれが初出場。
そしてその初打席はいきなり無死満塁のチャンスで回って来た。

「2ストライクに追い込まれたときはヤバいと思った」

という本人談。
それでも追い込まれてからの高めのボール球を振り抜くと鋭いライナーがレフトの頭上を破った。

いきなりの満塁弾という圧巻の復帰。

伊藤が尊敬する元ヤンキース・松井秀喜選手も「ニューヨークスタジアムデビュー戦の満塁HR」でド派手に新たな1歩を踏み出した。その尊敬する偉大なプレイヤーに通ずる新たな一歩を踏み出した伊藤。

心強いスラッガーの復帰はチームにとって追い風になることは間違いない!

1017762_544495255663698_7474002753077109358_n.jpg
復帰初打席で見事な満塁弾を打った伊藤

【月間MVP発表】主砲・大河原貫禄の受賞。投手部門はルーキー・山寺が受賞!【2・3月】

10日、FARAWAYSは2・3月のチーム内月間MVPを発表した。

FARAWAYSが月間MVPを発表するのは、チーム本格始動の2011年以来実に3年ぶり。

ここ2年間は制定していなかったが、月毎に誰が活躍したかを明確にすることで、チーム内の競争を活性化させることを狙いに運営陣が発表することを決めた。

その第1回となる2・3月期の受賞者は以下の通り。

【投手部門】 6 山 寺
  勝1敗1S 10奪三振 防御率0.47

【野手部門】 44 大河原 
  打率.375(24-) 1HR 4打点 8得点
                  (*赤字はチーム最多)

投手部門では今シーズン・新人王資格所有の山寺が選出。
防御率0点台の安定感と抜群のコントロールで、早くもチームの主戦格と活躍。3月29日のSCLT1回戦・KRBSATURN戦で公式戦先発デビューすると4回無失点の好投で見事チームの公式戦開幕戦白星を呼び込んだ点も高く評価された。

野手部門では打率2位、本塁打1位、打点2位と主要部門全てでトップクラスの成績を残した大河原が選出。
加えてチーム最多の8得点とチームの得点に大きく貢献した点も高評価だ。今季は4番を任されることが多く、このままの調子を維持し続ければ不動の4番となる日は遠くないだろう。

シーズンも公式戦の連続が始まる4月。
今月のヒーローは誰か!?今月も各選手の奮闘に期待したい。

1483126_284755661649125_438609089_n.jpg

投打ガッチリ噛み合う!SCLは2年連続で白星スタート!!(2014/4/5)

【4/5 SCL予選第1戦 vsHustleJapan 10-1○:夢の島野球場】

投打がガッチリ噛み合った!

5日、SCLリーグ戦の開幕戦・HustleJapan戦が行われ、風船会は10-1で勝利し昨年に続きSCLリーグ戦を白星発進させた。

初回、SCLリーグ戦・初登板となった先発・勝田がいきなり相手1番に特大の3ベースを打たれ無死3塁のピンチを招くも、ここを踏ん張り無失点で切り抜ける。

すると打線は2回に1死1・2塁から7番・山岸の2点タイムリー3ベースで2点を先制。さらに3回には佐藤のタイムリー、4回には不振だった2番・谷口の2点タイムリーで徐々に点差を広げ、5回には1死満塁のチャンスから9番・斎藤のダメ押しの2点タイムリー2ベースなどで一挙4得点。

計10得点と勝田を強力に援護すると、勝田もこれに応え7回を5回に浴びたソロ本塁打による1失点だけに抑える完投勝利。見事SCL初勝利を挙げチームに白星を呼び込んだ。

まだまだSCL予選は始まったばかり、この調子で3年連続のCT進出を果たせるか?
風船会の闘いが幕を開けた。


森田「良い結果でも完璧な内容ではない。その中ででたミスを突き詰めていかなければ上を目指せない。」
北本「勝田さんは尻上がりによくなった。(捕手の自分との)相性も良いみたい。」

IMG_1616.jpg
3回にタイムリーを放つ佐藤

IMG_3086.jpg
4回にタイムリーを打った谷口。不振脱出のキッカケを掴んだ!?

勝田意地のタイムリー!SCLT1回戦突破!!(2014/3/29)

【3/29 SCLT1回戦 vsKRB SATURN 4-2○:江戸川区球場】

29日、江戸川区球場にて風船会の2014年の公式戦開幕戦・SCLT1回戦が行われた。

対戦相手は、今季からSCLリーグ戦に参戦している『KRB SATURN』。

未知の対戦相手に先発を任されたのは、ここまでのOP戦で抜群の安定感を見せている山寺。初回2死から安打を浴びるも無失点の上々の立ち上がりをみせる。

3回には1死1塁から相手のハーフライナー気味の犠打をダイビングキャッチしダブルプレーを成立させるなど自らそしてバックの好守で4回を無失点としっかりゲームをつくり、十分に先発の大役を務めあげた。

この山寺の奮闘に応えたい打線は3回、先頭から犠打を挟み3連続四球で1死満塁のチャンスをつくるも4番・大河原が倒れ2死満塁に…。

ここで点を取れるかが勝負の分かれ目になりそうな大事な場面で打席に立ったのは5番・勝田。アウトコースのボールをコンパクトなスイングでレフト前に弾き返す先制タイムリー。さらにこの打球をレフトが後逸し走者一掃。続く高橋の打球も敵視を誘い、この回一挙4得点。

このリードを5回から登板した森田が最終回に3連打で2点を奪われるも守り抜き勝利し、2回戦にコマを進めた。

これでSCLTは参戦から3年連続で初戦突破を達成。
過去2年間ベスト8止まりのSCLTだが、3度目の挑戦の第1歩を踏み出した風船会。2回戦は強豪『肉骨茶』との対戦が決まっており、険しい道はまだまだ続く。


山岸「相手打線は振りが鋭かった。今日は良太の好守が大きかった。」
南部「2死から勝田がよく打ってくれた。投手陣もよく踏ん張ってくれた。」
プロフィール

FARAWAYS2011

Author:FARAWAYS2011
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。